子育て・教育

リアルシングルマザー いまどきの恋愛事情

 

仕事に家事と忙しいシングルマザー、ついつい恋愛は後回しになりがちです。皆さんの中にも「恋がしたいけれど、なかなかそんな余裕がない」と嘆いている方は多いのではないでしょうか。その一方で、素敵なパートナーと巡り合い、結婚に至っているシングルマザーもたくさんいます。彼女たちはいったいどのようなきっかけで新しい恋に出会えたのでしょうか。今回はシングルマザーのリアルな恋愛事情を取材し、新しい恋に出会うきっかけを探ってみました。

著者 パル吉

目次

  1. シングルマザーは恋愛が難しい?
  2. 新しい恋をしているシングルマザーもたくさん!
    1. 忙しくても身だしなみや表情に気をつける
    2. 自分から積極的に行動する
    3. シングルマザーであることを隠さない
  3. いまが幸せ!素敵な恋をしているシングルマザーたち
    1. 「シングルマザーでも構わないという男性」という条件で探す
    2. 「自分は母親だから、子どもを最優先にしたい」と宣言
  4. いまの自分に誇りを持つことが大切

シングルマザーは恋愛が難しい?

リアルシングルマザーの恋愛事情
(画像=fizkes/shutterstock.com)

世間一般では、シングルマザーは恋愛からは縁遠いもの……というイメージを持たれています。確かにシングルマザーは働いて自分自身と子どもたちの生計を立てなければならないので、どうしても仕事と子供が優先になってしまいがちです。自分のことは二の次、三の次なってしまいます。毎日生活するのに精一杯で、恋愛をする余裕なんてない、という人も多いのではないでしょうか。

さらに、周囲の無理解、不寛容もシングルマザーが恋愛から遠のいてしまう要因のひとつです。まだまだ「母親は子どものことだけ考えるべき、恋愛なんてもってのほか」と考える人も多いのが現状です。また、「子どもがいる」と聞くと尻込みし、距離を取ろうとする男性が多いのも事実。とにかく、シングルマザーが恋愛をするのは難しいものです。

新しい恋をしているシングルマザーもたくさん!

難しいとはいえ、新しい恋のチャンスをゲットしたシングルマザーもたくさんいます。理解ある素敵なパートナーと順調に幸せを育み、見事ゴールインした人も少なくありません。彼女たちは決して他のシングルマザーより、出会いのチャンスに恵まれていたわけでも、周囲の理解や協力を得られていたわけでもありません。新しい恋に巡り合えたシングルマザーに共通していること、それは以下の3点が見られそうです。

忙しくても身だしなみや表情に気をつける

自分から積極的に行動する

シングルマザーであることを隠さない

まずは、常に身だしなみをきちんとしておくこと。いつも念入りにおしゃれをする必要はありませんが、きちんとメイクをする(ポイントはリップと眉毛です)、TPOに合わせたファッションをする、このあたりは心がけておきたいものです。   また、婚活パーティーに参加したり、友人や知人に誰かを紹介したりしてもらうなど、自ら出会いを探すのも有効です。そして、最も重要なのが、子どもがいることを隠さない、ということ。ウソで塗り固めた恋愛をするよりも、ありのままの自分を受け入れてくれる男性を探すほうが、よりハッピーエンドにつながります。

いまが幸せ!素敵な恋をしているシングルマザーたち

ではここで、実際に新しい恋に出会うことができた2人のシングルマザーのお話をご紹介しましょう。

「シングルマザーでも構わないという男性」という条件で探す

まずご紹介するのは中学生の女の子のママ、Fさん(40歳)。「ママもそろそろ彼氏とかつくれば?」という娘さんからの一言で「彼氏を探そうかな……」という気になったのだそうです。しかし、Fさんの職場は女性ばかりで出会いは望めそうにありません。そこで、Fさんは友人に「シングルマザーでもOKと言ってくれる、いい人を紹介してほしい」とお願いしたそうです。そして友人から「あなたと気が合いそうだから」と2歳年上・バツイチの男性を紹介してもらい、交際スタート。順調に愛を育み、もうすぐ結婚する予定だそうです。

Fさんいわく「シングルマザーでもいいという男性」という条件をあらかじめ伝えていたのでスムーズに話が進んだ」とのこと。友人や知人にパートナーを紹介してもらうときこそ、「シングルマザーである」という事実を伝えておくことが大切です。末永く人生を共にするパートナーを探したいのなら、なおさら自分の現状をきちんと伝えることが誠実さにつながるのです。

「自分は母親だから、子どもを最優先にしたい」と宣言

続いては、小学校4年生の女の子と2年生の女の子がいるSさん(32歳)。同じ職場で働く4歳上の男性と恋愛中です。なんと男性に見初められ、交際を申し込まれたのだとか。最初は「自分は子連れだから」とお断りしていたSさんですが、相手の熱意に押され、お付き合いすることにしました。

相手の男性は「周りに人一倍気を使い、仕事を一生懸命しているSさんに惹かれた」とのこと。交際するに際に、Sさんは相手に「自分は母親だから、子どもを最優先にしたい」と宣言しました。二人の娘たちにも会ってもらい、良好な関係を築く努力をしたそうです。

自分のやるべきことをきちんとこなすことで、意図せず新しい恋愛につながったSさん。彼女は「母親としての自分」を隠そうとしなかったことが、功を奏したようです。シングルマザーが幸せな恋愛をするときに大切なのは、パートナーに「母親としての自分」をきっちりと理解してもらうことなのかもしれません。

いまの自分に誇りを持つことが大切

シングルマザーでも恋愛のチャンスはありますし、実際に新しい恋をしている人はたくさんいるのです。いまの自分に自信をもって、出会いを求めるべく積極的に行動すれば、きっと素敵なパートナーに巡り合えるはずです。ほんの少し視野を広げれば、必ず恋愛のチャンスは訪れることでしょう。

【関連記事】
【無料eBook】わが子のための養育費のすべて - 離婚を考えたときに読みたい
「ステップファミリー」とは?新たに築く家族のかたちを考えよう 
「どうしてお父さんがいないの?」に答える先輩ママの名回答 
育児に疲れたママの救世主、ベビーシッターという選択肢 
保育園のお迎えから一時預かりまで。ワーキングマザーの味方「ファミリーサポート」利用のポイント 
子ども同士のケンカ。シングルマザーの私はどうしたらいい? 

    関連タグ