暮らし・ライフハック

ファッションもフードもコスパ最強 かしこく節約するためのサブスク3選

 

新しい節約術として、世間で話題になっている「サブスク」。“サブスクリプション”の略語で、2019年には流行語大賞にノミネートされた言葉です。サブスクは、定額で利用できるサービスの総称で、ファッションや美容など様々なジャンルで展開されています。今回は、家計をかしこく節約したいシンママにおすすめのサブスクを、ファッション、飲食、クルマの3ジャンルから、厳選してご紹介します。

著者 川西まあさ

目次

  1. 子ども服のおさがりを定額でシェア!「KIDS ROBE」
  2. 食費の大幅カットにもつながる!「Reduce GO」
  3. クルマが必要な地域に住んでいる人へおすすめ!「KINTO ONE」
  4. まとめ:生活スタイルにあったサブスクを見つけてかしこく節約しよう

子ども服のおさがりを定額でシェア!「KIDS ROBE」

ファッションもビューティもコスパ最強 賢く節約するためのサブスク〇選
(画像=Movieseason/shutterstock.com)

成長著しい時期の子どもがいると、洋服がサイズアウトするスパンも短く、毎シーズン新しいものが必要になる……なんてことも珍しくありません。子どもの成長はうれしいことですが、毎シーズン新しい洋服を買うことになれば、家計の負担も大きくなってしまいます。

子ども服にかかる費用を極力抑えたいという人におすすめなのが、おさがりの子ども服を定額でシェアしてくれる「KIDS ROBE(キッズローブ)」。シンママたちを子ども服に対する出費の呪縛から解放してくれる、画期的なサブスクです。利用料は、月額980円(税込)。洋服が汚れてしまった場合は返却不要となり、借りた洋服を気に入った場合はキープしておくことも可能です。

保育園や学校などでは洋服への記名が義務づけられているところもありますが、KIDS ROBEならシェアした洋服でも記名OKなのがうれしいところ。普段着だけでなく、特別な日に着る洋服も借りることができるので、かしこく利用すれば、大きな節約効果が期待できます。

食費の大幅カットにもつながる!「Reduce GO」

やりくり上手を目指すには、出費が大きくなりがちな食費をまず見直すことが大切です。サブスクの中にも食費に関連するようなサービスが数多くありますが、定額でランチが食べられたり、定額でお惣菜を届けたりしてくれるサービスがメジャー。ランチはお弁当を作るほうが節約効果は高くなりますし、お惣菜に関しても安い食材を使って自炊するほうが、節約効果が高い場合もあります。

もっとわかりやすく、ダイレクトに食費カットにつながるようなサブスクが知りたい!そんな人におすすめなのが、余剰食品を安く入手できる「Reduce GO(リデュースゴー)」というサブスクです。

Reduce GOは、月額1,980円(税抜)で余った食品を受け取ることができるという斬新なサービス。1日2回までと利用回数は制限されているものの、定額で朝・昼・晩のうちの2食をまかなえるとなれば、かなり大きな節約効果が期待できます。

お店で売れ残った、いわゆる“廃棄”と呼ばれる料理たちは「食品ロス」として世の中でも深刻な問題となっています。Reduce GOは、食品ロスの問題にも一石を投じるサブスクです。

仮に毎日2回Reduce GOを利用したとすれば、1ヶ月あたり60食を月額料金の中でまかなうことができます。家族の人数にもよりますが、大人1人で見れば、1食あたりのコストは33円程度。うまく活用すれば、食費の大幅カットにつなげることもできます。食費の見直しを図りたいという人は、ぜひReduce GOを活用してみてください。

クルマが必要な地域に住んでいる人へおすすめ!「KINTO ONE」

都市部に住んでいる人の中には、クルマ=贅沢品というイメージを抱いている人も多いかもしれません。しかし、住んでいる地域によってはクルマがないと移動ができないため、やむを得ずクルマを所有している……という人がいるのも事実です。

しかしクルマを所有してしまうと、保険代や維持費など、いろいろな費用がかかります。この出費を減らしたいという人には、クルマをサブスクで手に入れる方法もおすすめです。

「KINTO ONE(キントワン)」は、トヨタとレクサスのクルマを定額で乗ることができるサブスク。3年間一定の額を支払うことにより、トヨタまたはレクサスの新車を自分のもののように乗ることができるサービスです。

月額料金は車種によって異なりますが、その料金内に諸経費・税金・保険などの費用が含まれているため、ガソリン代や高速代、駐車場代以外の費用は不要。3年ごとに新しいクルマに乗り換えられるので、クルマを所持しなければいけないような地域に住んでいる人にとっては、検討する価値のあるサブスクだと言えます。

ガソリン代や高速代などの費用を除けば、クルマにかかる費用が定額になるのは、サブスクでクルマを所有する最大のメリット。月によってかかる出費が増えたり減ったりすると家計が管理しにくいという人にもおすすめできるでしょう。

まとめ:生活スタイルにあったサブスクを見つけてかしこく節約しよう

いまやあらゆるジャンルのサービスが誕生し、気づけば身近な存在になっているサブスク。一定の金額でサービスを利用することができるので、家計の管理がしやすくなるというメリットがあります。

「節約」と「家計管理のしやすさ」の2つのポイントからも、サブスクを活用して節約するのが、かしこいシングルマザーになるための第一歩。自分の生活スタイルに合うサブスクを見つけて、節約に生かしてみてください。

【関連記事】
【無料eBook】わが子のための養育費のすべて - 離婚を考えたときに読みたい
シングルマザーの住まいに公営住宅という選択肢 
作り置きで1週間を乗り切る!ウマ早ストックおかずレシピ 
超便利!コンビニのミールキット 〇と× 
シングルマザーのお部屋探し、どうしてこんなに難しいの? 
もっと暮らし上手になる!シンママのためのメルカリ活用法 

    関連タグ