仕事・キャリア特集

在宅勤務を上手に乗り切る!先輩ママの知恵5選

新型コロナ感染拡大防止のための緊急事態宣言を受け、仕事がテレワークに切り替わった、という方も多いのではないでしょうか。また、この事態の収束後も日常生活が「新しい様式」へと移行し、オフィス勤務から在宅勤務へと変わる人が増えることも想定されます。 とはいえ、慣れないとなかなか自分のペースがつかめない在宅勤務。今回は在宅勤務歴が長いシングルマザーの方々に「在宅での仕事を快適にすすめるコツ」を教えてもらいました。

著者 パル吉

目次

  1. 在宅勤務の一般的なルールとは
  2. シングルマザーにとっての在宅勤務のむずかしさ
  3. 在宅勤務は「時間をしっかりと決めて行う」ことが大切
    1. オフィス勤務と同じタイムスケジュールで
    2. 子どもに仕事時間をきちんと伝える
  4. 仕事に集中できる環境を作る
    1. 落ち着く場所で仕事を
  5. 子どもが「飽きない」工夫をすること
    1. 子どもがひとりで楽しめるアイテムを用意
    2. 時にはテレビやゲームに助けてもらって
  6. まずは環境づくりから

在宅勤務の一般的なルールとは

在宅勤務,ママ
(画像= horiphoto / PIXTA)

在宅勤務と言っても、自分の気が向いた時間に好きなスタイルで仕事をしていい……というわけではありません。ほとんどの会社が一定の「在宅勤務の社内ルール」を設けています。具体的には以下のような内容が挙げられています。

・自宅以外での業務を行わない
・持ち出した会社の資料等をコピーしたり、第三者に見せたりしない
・勤務中は業務に専念すること
・勤怠管理のために、始業時間及び終業時間は、毎回上司に電話や電子メールで報告する

シングルマザーにとっての在宅勤務のむずかしさ

オフィスに勤務する手間が省ける在宅勤務、一見すると非常にありがたい働き方のように思ってしまいますが、実はそうでもないようです。特に、新型コロナ感染拡大予防のために、全国のほとんどの小中学校が休校となっている現在、シングルマザーにとって「在宅で勤務すること」はとてもハードルが高い……と言えます。小さい子どもたちは「お母さんが家にいる=かまってもらえる」と思いがちですし、大きな子どもがいる家庭では「きちんと勉強しているだろうか」と子どもの様子が気になってなかなか仕事に集中できない……というのが現状でしょう。

では、在宅勤務をスムーズにこなすために、どのようなことが必要なのでしょうか。在宅勤務歴の長いシングルマザーにその秘訣を聞いてみたところ、さまざまなアイディアが寄せられました。次の項から詳しくご紹介していきます。

在宅勤務は「時間をしっかりと決めて行う」ことが大切

オフィス勤務と同じタイムスケジュールで

「私の場合はフリーランスで仕事をしているのですが、仕事の時間は9時から12時、ランチタイムを挟んで13時から18時まで、と決めています。その間は仕事だけに集中。他のことは一切手を付けません」(Aさん/シナリオライター/小学4年生の男の子のママ)

まずおすすめなのが1日のタイムスケジュールを立てて「仕事に集中する時間」を作ること。家事の時間、仕事時間、休憩時間を決めてメリハリのある生活をするようにしましょう。

子どもに仕事時間をきちんと伝える

「壁にタイムスケジュールを貼りだして『〇時から〇時はママを仕事に集中させてね。それ以外の時間で一緒に遊ぼうね』と伝えています」(Hさん/会社員/小学2年生の男の子のママ)

1日のスケジュールを子どもと共有し、一緒に遊べる時間を伝えておくことも大切です。子どもも「いまは遊べない!」と言われるよりも、「〇時からなら遊べるよ」という声かけをしてもらったほうが嬉しく思うことでしょう。

仕事に集中できる環境を作る

落ち着く場所で仕事を

「在宅勤務は仕事ができる環境づくりが大切。私はダイニングにパソコンスペースを作って、そこで仕事をしています。ダイニングが一番落ち着く場所なので、仕事もはかどります」(Cさん/CADオペレーター/小学3年生と1年生の女の子のママ)

仕事に集中できる環境づくりも大切です。と言っても、立派な仕事部屋を用意する必要はありません。ダイニングでも寝室でも、自分が落ち着いて仕事ができるスペースがあればOKというわけです。

できれば仕事の前に家事は済ませておき、周辺はきちんと片付けておくことをおすすめします。溜まった洗い物や散らかったおもちゃ、取り込まれたままの洗濯物が視界に入ってしまうと、どうしても気になり、仕事に集中できなくなってしまいます。落ち着いて仕事に集中できる環境づくりを心がけましょう。

子どもが「飽きない」工夫をすること

子どもがひとりで楽しめるアイテムを用意

「在宅で仕事がはかどるかどうかって、言い方が悪いけれど、いかに子どもの相手をしないで済むか、がポイント。そのために、子どもの遊び道具をしっかりと準備しておくことも大切です。私はスケッチブックと色鉛筆で、お絵かきをさせたり、粘土で遊ばせたり、子どもが集中できるものを与えています」(Mさん/会社員/小学2年生の男の子のママ)

シングルマザーの在宅勤務における大敵、それは子どもの「ママかまって」攻撃かもしれません。子どもの言うままに相手をしてあげると一向に仕事が進まない、かといって「いま仕事しているから」と無下に断るのも心が痛む……。そんな状態を回避するために、子どもがひとりでも楽しめるような工夫を凝らしましょう。

時にはテレビやゲームに助けてもらって

「我が家は私が仕事の間は、勉強が終わればゲームやテレビOK、というルール。子どもも大喜びで勉強を済ませるので、ストレスも少なくて済む!」(Jさん/ライター/小学5年生の男の子のママ)

ふだんは時間制限を決めているYouTube視聴やテレビゲームで遊ぶ時間が、少々長くなっても致し方ない、と考えることも大切。在宅勤務を行う際に大切なのは、柔軟性なのかもしれません。

まずは環境づくりから

在宅勤務を効率よく行うために、まずはそれなりの「環境づくり」が必要です。いかに自分が仕事に集中できる環境をつくれるか……。それがその後の仕事内容に大きく影響する、といっても過言ではないでしょう。今回ご紹介したポイントを押さえつつ、自分が一番快適なスタイルを見つけてください。在宅勤務においても自分のペースをつかむことができれば、この新しい働き方がきっと楽しくなってくるに違いありません。さらに、在宅勤務をスムーズに行うコツが身につけば、きっと今後のキャリアにも大きく役立つことでしょう。

【関連記事】
シングルマザーの自立にはメソッドがある!思い描いた将来を実現するためにすべきこと 
ママにおすすめの在宅ワーク5選!スキルアップで高収入を目指すコツ
シングルマザーが子育てと両立できるおすすめ副業3選  
仕事探しに役立てよう!シングルマザーにやさしい人材派遣サービスはどこが違う? 
ママにおすすめの在宅ワーク5選!スキルアップで高収入を目指すコツ

関連タグ