2019年10月から「幼児教育・保育の無償化」が始まっていますが、この制度により母子家庭の保育園利用世帯には、どのようなメリットがもたらされるのでしょうか。無償化の影響や、延長保育との関係を解説するとともに、確実に入園を目指すためにママが仕事を始めるタイミングを解説していきます。

保育料無償化で3歳から保育料無料。0〜2歳は?

幼児教育・保育の無償化の対象となるのは、3〜5歳のすべての子どもです。0〜2歳の子どもは無償化対象外ですが、「住民税非課税世帯」であれば保育園利用料は無料となります。ただし、いずれの場合も、認可外保育施設や子ども・子育て支援新制度の対象外の幼稚園では無償化とならない場合があるため注意が必要です。

住民税非課税世帯とは、生活保護を受給していて、かつ前年の合計所得金額が135万円以下の世帯です。年収がおおよそ204万円以下であれば、住民税非課税世帯となります。ただし、扶養家族がいると条件が変わることもあるため、収入状況が確認できる書類を持って、自治体窓口で相談してみましょう。

上記に当てはまらない世帯でも、第1子が未就学児(小学校入学前)であることを条件に、第2子の利用料は半額、第3子は無料という減免措置が受けられます。もし、あなたの前年の年収が約360万以下であれば、第1子が未就学児かどうかに関わらず、上記と同じ減免措置が適用されます。

また、自治体によってはシングルマザーが利用できる負担軽減制度を独自に設けている場合があるので、役所に問い合わせてみるとよいでしょう。筆者の住む自治体では、ひとり親世帯は第1子以降の保育料が、子どもの年齢によらず無償となっています。

利用料が無償化されても実費負担はある?

無償化といっても、園生活に関わるすべての費用が無料になるわけではありません。行事費、バス代などの送迎費、保護者会費、副食費(給食のおかず・おやつなど)で、月々数千円程度の負担は発生します。

ただし副食費に関しては、収入や子どもの数、保育の認定区分に応じて免除される世帯があります。まず年収が360万円未満の世帯の子どもおよび多子世帯の第3子は免除です。そのほか、生活保護世帯や住民税非課税世帯、母子家庭などでは、年収にもよりますが免除対象となる可能性があります。

母子家庭の延長保育料は無償化の対象になる?

延長保育料に対しては、どんな減免制度があるのでしょうか。さまざまな自治体のホームページを確認しましたが、延長保育料が無料になるのは、基本的に生活保護受給世帯と住民税非課税世帯です。

それ以外の世帯は、住民税の納付額に応じて延長保育料が決まります。自治体ごとに利用料の算出方法が異なるので、どのくらいの金額になるのかは各自治体のホームページに掲載された料金表や自治体窓口で調べてみましょう。

入園申し込み前に仕事開始!? 主婦のママは早めの仕事探しを

園児の受け入れに余裕がある地域なら、ママが求職中でも入園できるでしょう。しかし、待機児童の多い自治体の場合、1歳は入りにくいとよくいわれます。子どもが1歳になるタイミングで育休から復職を目指すママが多く、必然的に倍率が高くなるためです。

また、認可保育園に入りたいなら「点数」も重要です。ひとり親は点数面で優遇されていますが、“無職”だと入れないことがあります。これは就労状況によって点数が変わってくるためです。

フルタイムのママほど入園審査の加点が高いので、激戦区で0〜2歳入園を目指すなら、子どもが0、1歳のうちから就職活動を始め、入園申し込み時期の10〜12月までには働き、翌年の4月入園を目指すというシビアな状況を乗り越えなければいけません。

子どもが0〜2歳で入園を希望する場合

子どもを預かってもらえなければ就活なんて無理、ましてや働くなんて……という意見ももっともなのですが、保活を有利に進めるためには“仕事をしている実績”が必要なのが現実です。

就活にあたっては家族に協力を仰いだり、保育園の一時預かりやファミリーサポートなどを利用し、就職先が決まったら、保育時間に融通がききやすい認可外保育施設に子どもを預けて働きに出ることも考える必要があります。

子どもが3歳で入園を希望する場合

3歳ならまずは幼稚園に入園し、子どもが幼稚園に行っている間に就活を進めて、その後に転園を目指す方法もあります。幼稚園の利用料も無償化対象ですし、子ども・子育て支援新制度対象外の園でも、月額2.57万円が無償になります。

無理なく入園を目指すためにも、まずは役所の担当課で保育園の受け入れ状況を確認してみましょう。自分の状況を説明すると、入園しやすくなる条件なども教えてもらえるはずなので、ぜひ相談してみてください。

安定した生活を手に入れるため、計画的に入園を目指そう

今回は幼保無償化の対象範囲や、減免措置、仕事開始のタイミングについて見てきました。無償化は3歳からですが、収入に応じた減免措置により、収入が不安定な時期があったとしても過度な負担なく保育を受けられることがわかります。

ママが早めに働き始めれば、それだけ生活が安定するのも早くなります。住んでいる地域によっては大変な保活が待っているかもしれませんが、行動を起こして得た経験や知識は必ず次につながるはずです。利用できる制度や仕組みは徹底的に利用しながら、計画的に入園を目指しましょう。

仕事と保育園が決まり、ママと子どもそれぞれの新生活がはじまったら、帰宅後はぎゅっとハグをしながらお互いの1日をシェアしてください。きっと明日への活力になるはずです。